手になじみ、人の温もりを感じる器づくり

富士山は普段使いの食器として、昔ながらの技術・技法により大阪錫器で作られています。


富士山の完成するまでの製作工程

原材料

原材料の錫の地金(インゴット)です。

錫地金を鍋で溶かします。

(錫の溶解温度は約232度)

鋳造工程

ドロドロになった錫を、鋳型に柄杓でそそぎ込みます。

固まったら型から取りだします。


漆塗り

色は天然の漆に赤や青などの顔料を混ぜ、色合わせをした漆を全体に万遍なく塗り込みます。着色されたのち、室(ムロ)にて半日寝かすことで漆がしっかりと付着します。

研磨工程

口の部分はロクロを使いカンナで削り出し、錫本来の美しい輝きを引き出します。

着色部分全体を再度ロクロで艶出しをすれば完成です。


完成